クリスチャンバウアーの結婚指輪② 〜 一生涯着けられる結婚指輪 〜

クリスチャンバウアーの古い写真

クリスチャンバウアーのクラフトマンシップ

クリスチャンバウアーのクラフトマンシップは、140年以上にわたり変わることなく受け継がれています。

ひとつのブランドが100年以上存続し続けることは、あらゆる時代をくぐり抜けるための柔軟な姿勢が大切です。

 

時代に合わせて変えるべきポイントは変化させ、でもブランドとして決して変えてはならない大切な理念、コンセプトはしっかりと守り続けることが必要です。

 

クリスチャンバウアーが創業以来、変わらずに守り続けていること。

それは、結婚指輪への情熱です。

 


結婚指輪は、単なる指輪ではありません。結婚指輪は一生涯着け続け、夫婦ふたりの絆をしっかりと結ぶ象徴なのです。

 

「縁あって夫婦となったカップルが、クリスチャンバウアーの指輪を着けることでさらに幸せになってほしい」その思いを大切にし、 クリスチャンバウアーは素材作りからこだわり、独自の製法で指輪を作り上げます。

クリスチャンバウアーのプラチナリング

いつまでも素敵に格好よく

結婚指輪を一生涯ずっと着け続ける時、ぜひともこだわりたいのはまず「着け心地」。

毎日着けるものだから着け心地は大切です。

 

次に一生涯着け続けるための「耐久性」も求められます。

手は物を握ったり掴んだりと結婚指輪にとってはとても過酷な環境です。だからこそしっかりした結婚指輪は必要です。

 

そして今だけでなく20年後、30年後も素敵に輝いてほしい結婚指輪には、流行に左右されないシンプルな「デザイン」が最適。


この3つのポイントをみごとクリアしているのがクリスチャンバウアーの指輪です。

 

そして、数あるデザインの中でも特に人気の高い指輪がこちらの画像の指輪です。

適度なボリューム、シャープなラインは、年代を超えて素敵に輝くこと間違いなし。

 

一生に一度の結婚指輪。いつまでも素敵に格好よく年を重ねたい方には、このシンプルな 結婚指輪がきっと似合うはずです。