クリスチャンバウアー 結婚指輪ストーリー③

クリスチャンバウアーのアニバーサリーリング

指輪に込められた「特別な意味」

“指輪を特別な日に特別な人へ贈る”

 

誕生日の時、プロポーズの瞬間、結婚や婚約の時、記念日の時。指輪を贈る瞬間はまさに人生の節目の時と重なるとても大切な瞬間ですね。

 

それだけ指輪には、他の装飾品にはない「特別な意味」を持っていると言えるでしょう。そして、私たちはその「特別な意味」を自然と意識しているようです。

 


先日、通りすがりでクリスチャンバウアーの店舗にひとりの男性がご来店されました。

 

年の頃は60代前半。平日の昼間に男性がおひとりでご来店されるのはとても珍しいことで、お声をかけお話をうかがってみますと、近くでお店を経営されていらっしゃるとのこと。

毎日のようにクリスチャンバウアーの前を通り過ぎ、一度、立ち寄ってみたいと思っていらしたそうです。

 

近々、奥様が還暦のお誕生日を迎えるご予定、さらに結婚記念日も間近ということで、奥様へ贈られる指輪を奥様には内緒で探し始められ、クリスチャンバウアーの扉を開けてくださいました。

ベンチで休むご夫婦

アニバーサリーにサプライズ

「サプライズで贈られる」というご主人様のロマンティックなアイデアに、お店のスタッフも感激し、可能な限りサポートを約束しました。

 

サプライズの成功に向け、最も慎重になったのが指輪のサイズ測定です。

クリスチャンバウアーの指輪は、お客様のサイズに合わせて作ります。

しかも、指のサイズは時間帯やシーズンによっても、2~3サイズ変わってしまうこともしばしば。本来ですと、サイズを直接お測りせずにオーダーすることは承っていないのですが、今回は特別なケース。

ご主人様の熱い想いに答えるべく、奥様が日常に身につけていらっしゃる指輪をこっそりとお持ちいただき、サイズを確定いたしました。

 


アニバーサリーに間に合うように届けられた指輪をご主人様にお渡しした数日後、あらためてご主人様がお店に立ち寄られました。

 

心配だったサイズはピッタリ。そして何よりも奥様がサプライズの贈り物を大変にお喜びになった、ということをお伝えいただき、私たちもお手伝いできたことを嬉しく思いました。

 

私たちは古代エジプトから、「特別な意味」を込めて指輪を贈り、また身につけてきました。

特別な瞬間に指輪を贈ることは、まさに相手への深い愛情、お互いの絆を表現すること。

 

クリスチャンバウアーは指輪の背景にあるこの「特別な意味」を大切にし、みなさまへ指輪をお届けし続けたいと思います。